儲かる歯科医院への変貌1

■セグメント分けによるターゲティングアプローチ

自費による審美やホワイトニング、矯正など自由診療を増やしたい場合どうしたらいいのか。それには患者情報(顧客情報)をセグメントし効果的にアプローチする必要がある。
短絡的に院内や外看板にホワイトニングを謳い、あるいは治療の過程でインプラントや矯正を提案することはまさに愚かな事といわざるを得ません。
偶然にそれでクロージングに至ったとしても、仕事として何の評価も出来ないし、仮に他の医師がそれを行ってクロージングが出来ないのであれば、仕事の内容としてはお粗末な行為である。

業務または毎月数字を計上するという観点を踏まえて行うのであれば、誰が行っても同じ結果になる業務効率と方法論が必要になる。
さらに、それをマニュアル化し医院の業務内容にシステマイズすることが本来経営トップのすることである。

■セグメンテーション(市場細分化)の意義

診療圏内全体(市場)に対して同一のサービス、施術、製品を同一のマーケティングで提供できれば、医院(企業)の収益は効率的に上がっていく。
一方、患者満足度を最大化を望むのであれば、患者一人ひとりに特化した内容を提供することが必要です。
しかし、歯科医院の経営資源にが制限があるため、すべての各個人のニーズに応えることは難しい。

医院にとっての「効率」と患者にとっての「効果」(満足度)とのギャップを埋めるための考え方=セグメンテーションである。

セグメンテーションとは、不特定多数の患者(顧客)を同じ性質やニーズを持つセグメント(固まり)に分類することです。
ある程度効果的に通用するセグメントに、同一のマーケティング手法で、照準を定めて経営資源を集中させるのである。

■セグメンテーション変数

セグメンテーションとは、どのような軸(セグメンテーション変数)で分けるかが重要になる。
複数の軸を組み合わせて使うことも多い。
古いコンサルタント会社では開業前の地理的変数や人口動態変数を重点としていたが、最近は消費者ニーズの多様化や個性化、不安定な景気低迷の状況によっては過剰なアプローチ(自費向上において)は患者そのものに不安感を抱かせるし、他の医院から批判を受けかねない。

重要なのは自院の患者の購買頻度や購買動機=ベネフィットを探りながら、心理的変数や行動変数を重視すべきである。
多くの歯科医院は患者情報をほとんど活用する事無く埋もれさせている

■患者のニーズを把握する!

まずは医院に来てもらう欲求を作る
【まずは業界の現状を知る】
ここでまず考慮するべきなのは、日本では多くの人が「歯が痛くならないと治療しに歯科医院へ来ない」という事実である。
この問題を持ったまま歯科業界は市場(患者)に対してなんらアプローチすることもなく、団体の中だけで論議をしているが、所詮狭い世界での行動である。

市場は変わらない。変えるならガムの概念そのものを変えたロッテのように大きな資本を投下するくらいのの手法が求められる。
ということは、歯科業界という大市場は変えられないのなら、歯科医院という小規模単体で市場ではなく診療圏内(エリアマーケティング)で情勢を変えれば良い。端的には理念を持って戦略を持てば良い、ということである。

ずっと歯を使い続けると、歯の表面のエナメル質は気付かない内に消耗して弱くなるので、中に存在している象牙質の色味が少しずつ透けてきます。
歯をずっと維持するにはPMTCは特に肝要であり、この処置が歯の施術の後の状態をずっと温存できるかどうかに強い影響を及ぼすのも真実です。
口腔外科というところは、その得意分野として、顎口腔機能の改善を中心として据えているので、内科の治療やストレスによる障害等に及ぶまで、担当する項目は大変幅広くあるのです。
歯の表層であるエナメル質に付いてしまった歯垢と歯石などを取るのをクリーニングと言いますが、これらの歯垢や歯石等の汚れは不快なむし歯のきっかけとなりうるものです。
日々の歯のケアを入念にすれば、この3DSの働きでむし歯菌のほとんどいない状態が、多くの場合は4ヶ月から6ヶ月ほど長持ちするようです。


維持は、美容歯科の療治が終わってイメージ通りの完成形にはなったとしても、決して忘れずに継続していかないと以前のままに逆行してしまいます。
初期の段階では歯周病の原因となる菌が歯の表面にくっつき、それが一因で歯ぐきに炎症が生じてしまって赤くなって弱ったり、ハブラシで歯磨きすると血が出てしまったりする症状が出るのが歯肉炎の特徴なのです。
入れ歯というものに対しての負のイメージや偏見は、生まれつきの歯で噛んだときの使用感と見比べるためにどんどん増大していくからだと類推されます。
審美の場面でも仮歯は欠かせない勤めを果たしています。両目の間をつなげる線と前歯の先の部分がまっすぐでなければ、まるで顔全体がゆがんだような印象を与えます。
PMTCを使って、日頃のハブラシの歯磨きで消し去ることのできない色素の付着や、歯石とは異なる付着物、ヤニなどを見事なまでに洗浄します。


嫌な口のニオイを気にして、ドラッグストアで売られているマウスウォッシュやガムをよく用いている方は、歯垢を取り除く対策をまず最初に開始してみてください。あの不快な臭いが抑えられると思います。
審美歯科の治療で普通のセラミックを用いるケースにはつぎ歯の付け替えなどが使用法としてありますが、詰め物等にも普通セラミックを応用することができるみたいです。
カリソルブという薬は、分かりやすく説明すれば「サイエンステクノロジーで虫歯の部分だけを溶かして治すお薬」です。それを用いても、健全な歯の所には何も被害のない便利な薬剤です。
本当ならば医者の数が多ければきっちりと患者さんを診察してくれそうですが、意外とそういう施設は流れ作業のように患者に治療を施す所も実在します。
第一段階の頃は歯周病の菌が歯の表面に密着し、そのせいで歯肉が炎症を起こしてしまって赤くなって熱を持ったり、ハブラシで歯みがきをすると血が出るような症状が見られるのが歯肉炎なのです。

診療機材といったハードの面では、高齢化社会から望まれる、歯科医による定期的な訪問診療の目的を果たすことが出来る基準には来ているということが言ってもよいと思います。
節制した暮らしを念頭に、唾液によった補修作業をもっと促すことを見極め、大切なムシ歯の防止について熟慮することが良いのです。
睡眠中は分泌する唾液量が極めて少量のため、再び歯を石灰化する機能が働かず、口のなかの中性のphバランスを持続することができません。
応用できる範囲が特に大きい歯科で使うレーザーは、バリエーションに富んでいて、他にも多様な治療を必要とする場面に導入されています。この先更に可能性のある分野です。
口腔内の臭いをそのままにしておくのは、あなたの周りの人への不快感はもちろんですが、自分の精神衛生的にも深刻なキズになるかもしれません。

大切なのは虫歯を誘引する虫歯菌や歯周病菌を乳児や幼児の近くに寄せないためにも、ブライダルを間近にした女性陣はムシ歯に対する治療は、しっかりと片付けておかなければならないといえるでしょう。
糖尿病の一面から考えると、歯周病になることによって血糖の制御が至難になり、それが原因となって、残念ながら糖尿病が悪くなることを招いてしまう結果になることがあるのです。
歯を矯正することによって見た目への劣勢感から、心を煩わせている人も陽気さと誇りを取り返すことが可能となるので、肉体と精神の両面で充実した気持ちを我が物にできます。
美しく清らかな歯列にしたい人は、怜悧に美容歯科医院を活用してみると良いでしょう。信頼のおける美容歯科では、総合的な医療を提案してくれると思われます。
歯の表面にプラークが固着し、その部分に唾にあるカルシウムや他の数種のミネラル分が共に固まって歯石が出来上がるのですが、その発端はプラークそのものなのです。

ムシ歯がきっかけとなっている知覚過敏は、虫歯がずい分病状が悪化していると推察され、うずくような痛みも連続しますが、違う時は、その場だけの変調で収束するでしょう。
気になる口臭を和らげる効き目のある飲料に、代表的なのがコーヒーですが、あまり飲み過ぎるとなぜか口腔内がカラカラに乾燥し、皮肉にも口の臭いの要因となるのです。
唾の役目は、口の中の浄化と菌の働きを妨害することです。しかしながら、それだけではないとされています。再び歯を石灰化するためには唾液が絶対に欠かせないため、分泌される量というのは大切なところです。
歯のレーザー処理は、直接虫歯をレーザーの照射で消し去ってしまい、おまけに歯表層の硬さを向上させ、痛い虫歯になるのを避けやすくする事ができると考えられます。
プラークコントロールという言葉を聞けば、毎日の歯みがきを思う人の方が大半だという印象を受けますが、実際はそれ以外にも色んなプラークコントロールの使用方法が存在すると言われています。