歯周病と歯ぎしり

『歯ぎしり』は歯周病の直接の原因ではありませんが、歯ぎしりをする方は歯周病の進行が早くなり、より症状が重症化するとされています。

歯ぎしりをするという行為は歯だけでなく歯肉(歯茎)などの歯周組織に強い力が加わるという事で、歯周病で炎症を起こしている歯肉(歯茎)に強い力が加わればより炎症を促進するとも考えられ、さらに歯肉(歯茎)だけでなく歯槽骨へ強い力が加わる事によって歯槽骨が破壊され、その結果、歯を失う大きな原因となってしまうのです!

■歯ぎしりの予防・治療法

歯を失う原因となっている歯ぎしり。それが歯周病の進行を早るのであれば、歯ぎしりをやめればよいのですが、歯ぎしりは睡眠時、無意識のうちにする事が多いので、いくら歯ぎしりをやめたいと思っても簡単にやめる事は出来ません。そもそも自分が歯ぎしりをしている事に気付いていない方さえいるのが現実なのです。

ではどのようにして歯ぎしりを予防、治療するのでしょうか?

歯ぎしりはストレスを感じているときや疲れが溜まっているときにするもの。難しいかもしれませんがストレスの解消を意識して、疲れている時はしっかり休む事を心がけましょう。

また、どうしても歯ぎしりが解消されないときは物理的に歯ぎしりをしないような『マウスピース』などの器具を使用して治療が行われます。


いずれにしても歯ぎしりを改善することによって、歯周病の進行を抑え、歯を失うリスクが下がります。歯ぎしりを指摘された方、または自覚している方は歯科医で相談の上、早急な治療を行っていきましょう!

通常のの歯の噛み合わせは、しっかりと噛むことで歯が磨り減り、それぞれ異なる顎や顎骨のかたちによく合った特有の歯の噛みあわせが完成するのです。
成人になったとしても永久歯が虫歯にかかりますが、乳歯は性質上永久歯より酸への耐性が頼りないため、歯磨きを軽視すると、乳歯のムシ歯はあっという間に大きくなってしまいます。
口角炎がかなりうつりやすいシチュエーションは子から親への伝染でしょう。やっぱり親子愛もあって、長時間近くにいると言うのが最も大きな原因です。
つい最近では歯周病の素因を消すことや、大元となる菌に冒されたエリアを治療することによって、組織の新しい再生がみられるような治療の方法が出来上がりました。
もしも差し歯の基礎が折れてしまったら(歯根破折と言います)悲しいですが二度と使えません。その、大方の状態では、抜歯の処置をすることになるのです。


恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防の後進国と言われ、欧米人に比べたら日本人の歯の寿命が短くなっていっています。最初から病気の予防全般についての危機感が異なるからだと想定されます。
歯科医による訪問診療の場合では、医師による治療が一通り終わった後も口の中のケアのために定期的に何回かいつもお世話になっている歯科衛生士たちがお伺いする事が多くありうるのです。
自分の口臭について自分の家族に質問することのできない人は極めて多いと思われています。そういう場合は、口臭予防の外来で口臭の専門施術を体験してみる事を提唱します。
初期は歯周病を起こす原因菌が歯の表面にこびり付いてしまい、それが悪影響を及ぼして歯肉が炎症を起こして赤くなって弱ったり、ハブラシで歯磨きをすると出血したりする症状が見られるのが歯肉炎の特徴なのです。
自分が自覚していない間に歯にヒビがあることも考えられるので、ホワイトニングする場合には丁寧に診察してもらいましょう。


歯科医師による訪問歯科診療の治療では、医師の施術が終わってからも口の中のケアのために一定のペースで担当の歯科衛生士がお邪魔させていただく事が時折あるそうです。
たとえ成人になっても永久歯は虫歯になりますが、乳歯は性質上永久歯に比べ耐酸性が弱いので、歯みがきを続けないと、むし歯は簡単に拡大します。
きれいな歯にするのをメインの目的にしているので、歯の噛み合わせのチェックなどをそっちのけにしたような場面が大変多く集まっているのが理由です。
虫歯が原因となっている知覚過敏は、ムシ歯がずい分病状が進行してしまっていると見なされ、うずくような痛さも連続しますが、そうではないケースは短い間の様態で収束することが予想されます。
ホワイトニングの施術は歯表面に付いた汚れなどをしっかり取り除いた後に実行しますが、自宅でできるホームホワイトニングと歯医者さんで受けるオフィスホワイトニングという方法の異なる2種類があるのです。

ムシ歯になる理由は、ミュータンス菌と呼ばれている菌の仕業によるものです。口のなかに虫歯菌が出てしまったら、それをすべて取り去る事はすごく至難の業なのです。
嬉しいことにインプラントは、違和感がなく、物を食べる時も健康な歯のように間違いなく楽しむことができます。更に嬉しいことに、その他の治療方法に照らし合わせると、あごの骨が徐々になくなっていく事がありません。
ただ今、虫歯に悩んでいる人、或いは予て虫歯があった人、実に日本人のおよそ9割がこのような虫歯を誘発する菌を、例外なく保持していると見て間違いありません。
歯周組織を蘇らせるために、エムドゲイン治療の実行は極めて良い結果をもたらす選択肢なのですが、しかし、絶対に組織再生を手に入れられるとは限らないのです。
最初は歯周病を引き起こす細菌が歯の表面にこびり付いてしまい、それが引き金となって歯ぐきが炎症を起こして赤くなって弱ったり、ハブラシで歯のブラッシングをすると出血してしまうような症状が出るのが歯肉炎の特徴です。

レーザーによる歯の治療では、ムシ歯をレーザーを当てて殺菌させ、それのみか歯の表層の硬さを向上し、嫌な虫歯になる確率を低くする事が難しいことではなくなります。
いまでは医療の技術開発が進展し、無針注射器のシリジェットや様々なデンタルレーザー治療器を用いる事により、痛みを大分抑えられる「無痛治療」という治療方法が存在するのです。
今では耳慣れたインプラントとは、歯肉内部に在るあご骨に、身体への負担の少ないチタンでできた人工歯根を埋入し、それを基礎として歯科技工士が作った歯を装填する治療のことです。
虫歯は、虫歯を起こす菌が歯を溶かして冒していく速力に、歯の再石灰化の作用(とけてしまった歯を元の状態に戻す力)の素早さが負けてくるとできます。
残念ながら日本は歯の病気予防において後進国と呼ばれており、欧米人に比べても、実際は日本人の歯の寿命が縮まってきています。もとから病気予防における問題意識が違うのだと思います。

本来の唾液の役割は、口内の清掃と抗菌することです。しかしながら、それだけではないといわれています。再び歯を石灰化させるには唾液が要るので、分泌される量は欠かせないことです。
カリソルブは、要するに「現代科学の力で虫歯になっている患部だけを溶かして治す薬」です。それを使っても、虫歯以外の場所の歯には全然影響のない安心して使える薬です。
噛み締めると苦痛に感じる入れ歯、合っていない入れ歯は、そのことによってじっくりと咀嚼できずに丸ごとのどを通してしまう事例が、かなり多くなっているそうです。
仮歯が入ると、容姿がいい感じで、食事や会話等の日常生活においても悩みません。そして仮歯があることにより、処置途中の歯が傷ついてしまったり、歯列が乱れてしまったりすることはありません。
長きにわたって歯を使い続けていると、歯の表層のエナメル質は少しずつ消耗してしまって薄くなってしまうので、中に在る象牙質自体の色味が気付かない内に透けるようになってきます。